スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


戯言

涎式調教序論 

プライドの高い女性の調教について


1
調教における女の精神状態はこのように推移すると考えられる.
1.プライドが何より重要
2.プライドのためなら痛みくらい耐えられる
3.痛みから解放されたいがプライドが邪魔して出来ない
4.もう耐えられない,プライドなどどうでも良い.

一般的な調教では,如何に反発を受けないで第四段階へ移行するか,という点に注力するが,ここでは特殊な方法を紹介したい.これは第三段階から第四段階へ移行する際敢えてセオリーを崩す事で効果を発揮する.
 つまり,調教対象が本来は自分から行う筈であるプライドの放棄をわざと行わせず反発覚悟でこちらから踏みにじる.この方法はタイミングを見切るのが非常に難しい.『痛みに耐え切れない,プライドが邪魔』『プライドを放棄したいが,それも出来ない』この矛盾のラインの瀬戸際を狙うのが好ましい.
 さて、上手くタイミングを見切って女のプライドを破壊した場合極めて不思議な現象が起こる.感謝されるのだ.仮に痛みから開放される条件が『処女を寄越せ』等である場合,処女を奪ったにも関わらず何故か感謝されるのだ.痛みとプライド両方から解放させてもらった,そう感じるらしい.

2
 休憩中には償いの名目で色々とわがままを聴いてやるのも重要なことである.お姫様でも扱うように丁寧に接してやる.ピントの外れたプライドを発揮し始めたら今回の方法が問題なく進行している証拠である.
 プライドをへし折られたが最後,二度と立ち上がることの出来ないようなプライドの高い女が相手なので多少の小細工を行う.
まず適度に痛めつけた後ギリギリで優しくしてプライドを守ってやる.落として,持ち上げて落として,持ち上げて落として,持ち上げて……
プライドは擦り切れてボロボロになる.それでも完全にプライドを破壊しないでいると圧し折れる代わりにプライドが変質を始める.
この状況に反発するのではなくこの状況下でプライドを保つにはどうすればいいかという方向に思考が傾くのだ.こうなったらもう手玉である.その一言を口にすればきつく責め立てられると分かっているような事も,耐えられなくなるギリギリで手を止めてもらうと知っていれば嬉々として口に出し煽り立て罵倒するようになる.
『思わず乱暴したくなるような行動』を積極的に取るようになるのである.こうして最高に股ぐらがいきり立つ奴隷が完成するわけだ.
穴に突っ込まれて絶頂しているのに,口から出る言葉だけは高慢さを崩さず浮かぶ表情には憎悪と恋慕が入り混じり興奮と葛藤の中で気高さを保ち続ける,そんな奴隷が.
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【WF2010夏】へブログトップへ【白毫銀針【白茶】】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。